先日、建売住宅の収納プロデュースを
させていただいた甲静ハウジングさまの
完成見学&販売会に参加をさせていただきました。

FullSizeRender



見学会までに何度か足を運ばせていただいた
こちらの「幸せキッチンの家」。

IMG_1814


まず外観が素敵なんです♡

こんなオシャレな建売住宅は
なかなかないんじゃないかな!


今回のプロジェクトには
途中から参加をさせていただいたので
ゼロベースからの収納プロデュースは
出来ていないのですが。

出来る範囲でより使いやすくする工夫は
させていただきました。


こちらの「マグネットがくっつく壁」も
その一つ。

FullSizeRender


甲静ハウジングさまの「幸せキッチンの家」は
キッチンが回遊できる間取りになっていて。


FullSizeRender



レンジフードの奥の壁がリビングダイニングから
死角となる場所なので、ココにマグネットボードを
取り付けていただきました。

幼稚園や学校や習い事のお便りなどが
貼り付けられる場所。

お便り等の書類の管理に悩まれている方が多いので
コチラを提案させていただきました。

コレめっちゃ便利だし好評でしたよ♡




他にも洗濯機の上にハンガーなどを吊るして置ける
ポールを付けていただいたり。

FullSizeRender



使いやすく暮らしやすくなる
ちょっとした仕組みを盛り込んでおります。

IMG_1571



こちらの「幸せキッチンの家」に関するお問合せは
甲静ハウジングさままでどうぞ!






見学会には建売住宅の購入を検討されている方以外に
甲静ハウジングさまで注文住宅を建築予定の方も
沢山来場してくださいました。

皆さんに「使いやすい収納づくり」のポイントを
熱く語らせていただいたのですが。笑

その中で一番興味を持っていただいたのが
収納の「扉」の話。

IMG_1565


皆さん、収納には「扉」を付けるのが
当たり前と思っていらっしゃったのですが
いざ暮らし始めてみるとこの「扉」が
やっかいだったりするんです。



最近一番スタンダードなのが「折れ戸」。

でも折れ戸って左右若しくは片側に
取り出しにくい空間が必ずできてしまうんです…。
FullSizeRender

例えばこちらの例でお話しすると。
コチラはリビングクローゼットの中に
チェストを入れているのですが。

チェストはニトリのこちら!


このチェストを右側の壁に付けてしまうと
チェストは開けられなくなります。

折れ戸に干渉してしまうからです。


FullSizeRender


こちらはチェストの右側に
スティック型のコードレス掃除機を
収納するイメージで作った収納で
実はチェストから壁までは25cmも
スペースがあるんです。

でもそんなゆとりがあるようには
見えないですよね。

10cm以上は扉と干渉
しちゃってますね。




そして押入れでよく持ち入れられる
引き違い戸の場合は。

FullSizeRender


引き違い戸は開口部が狭くなってしまうのが
一番の難点です。


コチラは以前お片づけに伺ったお宅の
押入れなのですが。

▼こちらのお宅です



サイズが通常の押入れよりも少し
小さめで収納を作るのもかなり苦労しました。

FullSizeRender


襖を外してしまうと大開口になり
凄く使いやすいのですがね。

扉を付けると布団の出し入れも
結構大変だと思います。



扉の中では個人的に
一番お勧めなのが開き戸。

FullSizeRender


蝶番部分は少し干渉しちゃいますが。

扉裏収納もできるし、収納スペースが
一番有効に使えるのが開き戸だと思います。

ただ、扉の開閉スペースが広く必要になるので
横幅の広い収納には使いにくいデメリットもあります。




そんな「扉」問題を解決してくれる
素敵なアイテムがロールスクリーン!

FullSizeRender


なんといっても全開口できるのがメリット!

そして来客時など隠したいときには
ロールスクリーンを下げるだけでOK。

更には扉と比べると圧倒的に安いのも
メリットの一つです。


今回はこちらのパントリー以外に
子供部屋の収納もロールスクリーンにしました。

FullSizeRender


ロールスクリーンを取り付けた後の
写真を撮り忘れてしまったのですが…💦


最初は「んんんっ…?ロールスクリーン?」
といった反応だった来場者さまも
理由を説明するとすごく納得してくれて。

殆どの方が是非取り入れたいと
おっしゃってくださいました。


そして私が尊敬するブロ友であり
整理収納アドバイザー仲間でもある
まどなおちゃんサチちゃん
扉を撤去してロールスクリーンに
付け替えをしています。

▼まどなおちゃんは開き戸を。


▼サチちゃんは折れ戸をロールスクリーンに変えてます。





でも、どこもかしこもロールスクリーンが
良いって訳でもなくて。


FullSizeRender


来客を招き入れるような
パブリックな空間には見栄えも考え
扉があった方が良いかなと思います。

そしてロールスクリーンだと
地震の時などに中身が飛び出す
リスクもあります。


FullSizeRender


それらデメリットを踏まえても。

奥や目立たない場所にある収納や
来客を招き入れることが少ない個室は
ロールスクリーンでも問題はないと
個人的には思っています。


収納以外の場所だと
シューズクロークや
パントリーの入り口の扉も。

もしかしたら必要ないかも!


家ができる前に
「その扉、本当に必要!?」
と是非問いかけてみて下さい。


甲静ハウジングさまとは建売住宅の取り組みを!



F.Bird HOUSE by袴田工務店 さまとは注文住宅の取り組みを!



注文住宅の収納プロデュースも動き始めています。
ただ家が一軒できるまでに数ヵ月かかるので…

中々「完成したよー」と言えないのがもどかしい。笑



ポチ頂けると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Instagramはこちら



▼読者登録はこちらから