我が家の5歳の娘。

未だに食べられないモノは多いし
好奇心より道への恐怖の方が勝っちゃう臆病娘で…

悩みは尽きないのですが。


FullSizeRender


お片づけに関しては優秀なんです。

今では「片付けといて」と一言いうだけで
一人で片付けられるし、時々何も言わなくても
ちゃんと片付けています。


もちろん最初から一人で片付けが
出来ていた訳ではありません。


何故出来るようになったのか?
振り返ってみると「声掛けの方法」
が良かったのかなとの結論に至りました。



お片づけの声掛けは「5w1h」で!


ビジネスの場面でよく使われる
情報伝達の基本「5w1h」ってご存知ですか?

-----------------------------------
who(誰が)
where(どこで)
what(何を)
when(いつ)
why(何故)
how(どのように)
-----------------------------------


誰かに何かを伝える時に
この5w1hを意識すると
情報が漏れなく誤解なく
伝わりやすいので。

ビジネスシーンでは基本とされている
情報伝達手法ですよね。


でもこれはビジネスシーンだけではなく
普段のコミュニケーションでも使えます。

日常の中では順番には拘らなくても
いいですけどね。

FullSizeRender



実際に行っている声掛けは
こんな感じです。


-------------------------------------------------

〇〇ちゃん!(誰が)

〇時になったらご飯にするから(何故)

〇時までに(いつ)

机の上にある(どこを)

おもちゃを(何を)

片付けてね!
机の上何にもないようにして
おもちゃはちゃんとお家に
返してあげてね(どのように)

-------------------------------------------------


この声掛け方法をずっと続けていました。

一人でできない時は一緒に片付けて
「机の上に何もない」状態とはどんな状態か。

「おもちゃをお家に返す」ということは
どのようにすることなのか。


一緒に片付けながら教えていきました。




FullSizeRender


あと「why(何故)」の部分は
そもそもどうしてお片づけするのか
という視点でも伝えています。

----------------------------------------------------
〇〇ちゃん一人だけの家じゃないんだよ
みんなが気持ちよく暮らすためにも
遊びが終わったら片付けようね
----------------------------------------------------


特に「自分一人だけの家じゃない」
ってことは小さい時からかなりしっかりと
伝えていることですね。





IMG_0515


あと「how(どのように)」も
すごく重要な要素だなと思ってます。


ただ「片付けて」だと隅に寄せるだけだったり
違う場所に運ぶだけだったり…

要はどう片付けるのが正解なのかが
分かりにくいんですよね。

だから「どこまで片付けるのが正解なのか」
理解ができるまでは一緒に片付けてあげるのが
良いと思います。




お片づけは一人で頑張らなくても大丈夫!

4EBDCACD-84BB-4BE3-BF7F-58D11BC004AE


訪問お片づけサポートで
お片づけの現場に行くようになって
1年ちょっと。


家族が片付けてくれない…


と悩んでいるママさんが
本当に多いなと感じます。


でも家族のサポートが得られれば
お片づけはグッと楽になりますよ!

最近娘は夫の脱ぎっぱなしの靴下なんかも
「もう!パパったらダメねぇ!」なんて
片付けてくれたりします。笑


▼ラベリングも一人で片付けられるようになった要因の一つ!


▼モノの要不要のチェックは3歳から娘にさせています


▼予想外の弊害もあったりしますけどね。笑





ポチ頂けると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Instagramはこちら
IMG_0305


▼読者登録はこちらから