ココロのくらし  ニトリマニアの【静岡】整理収納アドバイザー

静岡の整理収納アドバイザー。静岡県内中心にお片づけセミナーやお片づけ講座を開催中。ニトリ大好きの「二トラー」でもある。娘の出産を機に整理収納に目覚める。面倒くさいことが嫌いで合理性を大切にするタイプ。静岡市在住。

タグ:適正量

戸建て住宅なのにキッチンが小さめの我が家。キッチンの幅は180cm。調理台の幅は49cm程。調理台の上はちょっとモノを置いただけで直ぐにモノで溢れてしまいます。そんな小さなキッチンでも出来る限りスッキリとさせるために意識していることが4つあります。1.水切りラックの ... 続きを読む
戸建て住宅なのに
キッチンが小さめの我が家。


IMG_6699



キッチンの幅は180cm。

FullSizeRender



調理台の幅は49cm程。


FullSizeRender



調理台の上はちょっとモノを置いただけで
直ぐにモノで溢れてしまいます。


IMG_6642




そんな小さなキッチンでも
出来る限りスッキリとさせるために
意識していることが4つあります。




1.水切りラックの置き場を確保

水切りラックを調理台の上に置くと
もうそれだけで場所が埋まってしまいます。

IMG_6647


だから水切りラック置き場は他に確保。



IMG_6661


調理台の後ろに小さなカウンターを置いていて
そこに水切りラック置き場を確保しています。


IMG_6699


訪問お片づけに伺うと。
大抵のお宅が調理台スペースに
水切りラックを置いています。


広いキッチンなら確かに置けちゃうんですが。

よりスッキリさせたいときは
他の場所に置き場を設けておいた方が良いかと。


⇓水切りラックはコレ使ってます。


場所を移動させる場合は持ち手があるモノが
使いやすいですよ。





2.シンク内には何も置かない


IMG_6382


そしてシンクも小さめなので。
シンク内にはスポンジすら置かない仕組みに。


IMG_6383


その代わり冷蔵庫脇に
ハンドタオルやウエス・スポンジ等を
吊り下げています。

この場所は本当に機能的だし
ココにあるモノは全て毎日使ってますね。





3.扉裏も収納スペースに

キッチンが小さめだから
もちろん収納スペースも少ないです。

だから収納に使えるところは全て使います。

IMG_6705


扉裏は立派な収納スペース。


IMG_6706



扉式のキッチンのお宅の方が
少ないとは思いますが。

賃貸のお宅だとまだまだあるんじゃないかな?


FullSizeRender


扉裏って奥まで手を入れなくても
届く場所だから、使い勝手が良いんですよね!

扉裏収納、かなり好きです。




4.モノを適量に管理

そして一番大事なのがモノの量。

モノが増えちゃうとどう頑張っても
スッキリとは収納できません。

FullSizeRender


収納で意識していることは
◉重ねない
◉出来る限り蓋をしない


FullSizeRender


そして「何が」「何処に」あったら使いやすいか。
適材適所を考えて収納すること。

これらを意識しするようにしています。

おかげでキッチンはかなり使いやすい!




まとめ



FullSizeRender


昔は大きなキッチンに憧れていました。

2世帯住宅なので1階にもキッチンがあるのですが。
そっちはもっと大きなキッチンです。

正直「羨ましいなぁ」なんて思ってましたが。


モノを「適量」で管理でき
使いやすく収納を整えたら。


「小さいキッチンメッチャ使いやすい」


と思うようになりました。



キッチンが小さく機能的だと
コックピットのように
全然動かずに料理が進められます。

今ではこのサイズでよかったな。
そんな風に思えるまでになりましたよ。

もっとオシャレなキッチンにはしたいけど…


▼キッチン収納は”エリア分け”が重要


▼調理台下の収納はこんな感じ



▼食器棚収納の便利グッズはこちら


▼動画にもまとめました。見てね!
YouTube2

チャンネル登録も宜しくー!



>楽天では只今お買物マラソン開催中

楽天でのお買物はLINEショッピングを通すと
ポイントが貯まってお得ですよ!


▼要エントリー
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


買い回りの参考になるコミュ。
 ↓
にほんブログ村テーマ お買い物マラソン!スーパーSALE!へ
お買い物マラソン!スーパーSALE!

にほんブログ村テーマ 楽天激安セール情報!ゎココ ☆へ
楽天激安セール情報!ゎココ ☆

にほんブログ村テーマ 楽天スーパーSALEのおすすめ情報!へ
楽天スーパーSALEのおすすめ情報!

にほんブログ村テーマ お買い物マラソン☆欲しいものへ
お買い物マラソン☆欲しいもの


ポチ頂けると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



▼YouTubeも始めました!
見ていただけると嬉しいです。
52e0a456-s


チャンネル登録いただけると尚嬉しい!


▼インスタグラムもやってます



▼読者登録はこちらから











皆さんのお宅にテレビって何台ありますか?1台しかないよ!という方が多いでしょうかね?2台!リビングと寝室にある!という方も結構いらっしゃるかな?わが家はなんと…4台 あります!ビックリですよね!!でも最盛期!?にはなんと…5台 ありました。何故テレビが多いか ... 続きを読む
皆さんのお宅にテレビって何台ありますか?

FullSizeRender


1台しかないよ!
という方が多いでしょうかね?

2台!リビングと寝室にある!
という方も結構いらっしゃるかな?






わが家はなんと…


4台 あります!

352348a4-s


ビックリですよね!!



でも最盛期!?にはなんと…
5台 ありました。


何故テレビが多いかというと
大人が多い家だから。

義父さんと義祖父さんが亡くなり
今では大人3人になりましたが。

数年前まで大人5人で暮らしてました。



なかなか子宝に恵まれなかったこともあり。

娘が生まれてからの暮らしよりも
大人5人で暮らしていた時間の方が
まだ長いんですよね。



大人だけだと家族団らんよりも
1人で過ごす時間が長くなって。

それぞれの部屋に籠るってことが
多かったですね。


だから昔は一人一台のテレビがあった。



IMG_5793

今は私たち世帯が住む2階に2台。
義母さんが暮らす1階に
2台のテレビがあります。


頑張れば2台は減らすことも可能なんですが。

義母さんは1階のリビングではあまり過ごさず
殆どの時間を自分の部屋で過ごしています。

部屋に籠って大好きな韓国ドラマを見るのが
凄く楽しいみたい。

そしてリビングにテレビが無いのも寂しい。

普段はあまり使ってませんが、
お客様が来たときは1階のリビングに
お通しすることが多いのでね。




_IGP0234


夫部屋のテレビは
減らそうと思えば減らせるけど。

でも今の暮らしの中でお互いに
ストレスなく暮らすためには
必要かなーと思ってます。

夫部屋にテレビがあるとゲーム機が
リビングに散乱しなくて良いしね!



そんな訳で今の我が家の
テレビの適正量は
4台


多いですよね~。

でもその分他のモノは少ないよ。
服が溢れかえるってことはないし。


FullSizeRender

キッチンも小さい割には比較的
スッキリしてるかなーと思ってます。


こんな感じで適正量ってのは
暮らす人数や年齢、趣味や性格なんかでも
全く変わってくるんですよね。


だから「何が何個あるのが適正」とは
一概には言えないのです。


暮らしの優先順位でも適正量は変わります。

今日お片づけサポートに伺った方は
アイシングクッキーのワークショップをされてて
可愛いクッキー型が沢山あった。

でも我が家にはクッキー型は
2個しかない。笑笑笑


自分にとって大事なモノや
暮らしの中の優先順位が高いモノは
ある程度数を持っていても私はイイと思う。

モノが無くても楽しめるかもしれないけど
モノがくれるパワーも私はメッチャ感じる。

但しやはり暮らしの優先順位は
決めておく必要があるけどね。

だから適正量は人に決めてもらうことはできなくて
自分や家族と決める必要があるんです。



テレビ以外に我が家で多いなーと
思うモノがもう一つ。

FullSizeRender

それはエアコン。

5台 あります(;'∀')

しかも5台とも10年を迎え
そろそろ買い替え時…ヒエー

広い家なわけじゃないですよ。
細切れなだけ。


▼「適正量まで減らす」より難しいのが「適正量を維持する」こと
リバウンドしないためにこの意識はとっても大事です↓


▼使えるのに使っていないモノは
自分の中での賞味期限が切れちゃってるのかも?



▼「書類&写真整理」と「自宅収納見学付きセミナー」募集中です



◆応援ポチ頂けると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




▼YouTube始めました
YouTube_header2

チャンネル登録いただけると泣いて喜ぶ!


◆Instagram、Facebookのフォローはこちらから!




◆ブログの読者登録はこちらからです~