ココロのくらし  ニトリ好きの【静岡】整理収納アドバイザー

静岡の整理収納アドバイザー。ニトリ大好きの「二トラー」でもある。娘の出産を機に整理収納に目覚める。面倒くさいことが嫌いで合理性を大切にするタイプ。静岡市在住。

タグ:フィギュアスケート

昨日の男子フィギュア凄かったですね!羽生選手の金メダル宇野選手の銀メダルどちらも感動しました。それにしても羽生選手の集中力とメンタルはまさに神レベル!!やはりトップであり続ける人というのは何か違うんでしょうね。いやー、本当に凄かった!こんな感じで平昌オリ ... 続きを読む

昨日の男子フィギュア凄かったですね!

羽生選手の金メダル
宇野選手の銀メダル

どちらも感動しました。

それにしても羽生選手の集中力とメンタルは
まさに神レベル!!

やはりトップであり続ける人というのは
何か違うんでしょうね。

いやー、本当に凄かった!


こんな感じで平昌オリンピックを
大満喫中の私です。


でも、今回の平昌オリンピックは
なんか今までと違う目線で見ている自分がいます。


それは「選手の親目線」

どうやってこんな凄い子を育てたのか。
どうしたら「子供のやりたいこと」を
応援し続けられる親になれるのか。

なんかそんなことばかり考えちゃいます(笑)


そんな事を思うようになったのは
スノーボード男子ハーフパイプの
「片山来夢」選手がきっかけです。

こちらはもう競技は終わっていて
平野歩夢選手とショーン・ホワイト選手の
金メダル争いが大変話題になりましたよね。

そんな中7位入賞した片山来夢選手。


私が片山選手に注目したきっかけは
片山選手が私と同郷だったから。

静岡県焼津市出身で
全く雪の降らない地域に生まれたのに
スノーボードでオリンピックにでるなんて
本当に信じられなくて!

調べたところ、片山選手はやはり
静岡県初の雪上競技オリンピック代表でした。

そして色々なニュースを見る中で
やはり片山選手のご両親の支援が
すごいなぁと感じました。
静岡県では片山選手についてはオリンピック前から話題で
ニュースでも沢山とりあげられていました。


片山選手は小学校1年生の時から
本格的にスノーボードをはじめたそうですが
周りに雪がない環境の為
冬休みと春休みは毎年ずっと
岐阜のスキー場の民宿に泊まり
練習をしていたそうです。

そして中学からは単身愛媛県に
スノボ留学。

でも片山選手は
選手としては遅咲きの方だったそうです。


練習環境を整えるのも大変な状況で
子供を信じて出来る限りの支援をされた
ご両親、本当に凄い。

中1で親元を離れていく息子を
どんな気持ちで見送ったんだろうか…

これは片山選手のご両親だけじゃなくて
どのアスリートの親も同じだと思いますがね。

色々考えちゃいました。

私も娘にやりたいことができたら
応援する親でありたと思う反面
どこまで本気で支援できるだろうか。。。

支援にはお金も必要ですしね。

芽が出るかどうかわからない状況で
どこまでの支援ができるのか。。。

2018-02-16-15-11-47


オリンピック選手の家庭とは
次元の違う話なのですが
昔私の家でも
少しだけ似たようなことがありました。

次姉が高校入試の時に
とんでもないところを受けたいと言い出したのです。

そこは東大以上に入るのが難しいと言われ
小さいときから沢山習い事をして
技術を磨かないと到底入れないようなところ。

次姉は特に習い事をしていなかったので
受かる見込みはほとんどなく
親としては諦めさせる選択も
あったと思うのですが。

うちの親は受験させてあげました。

受験させたということは
万が一受かった後の覚悟もしたということ。

受かると親元から離れることとなり
それに想定はしていなかったであろう
学費や姉の生活費もかかってくることになります。

前々からそれを目標に
頑張って来たなら覚悟も出来ますが
何しろ急なことでした。

当時私は中1だったので何も
わかっていませんでしたが。

今思うと良く受けさせてあげたなーと思います。

受験するだけでお金もかかりますしね。


振り返ってみるとうちの両親は
基本的に子供のやりたいことを
やらせてくれる親だったように思います。

ちょっと変わった育て方をされていたので
「恐怖政治だったよねー」なんて
お正月に会った姉たちと話をしていましたが(笑)


でも、3姉妹で3人とも
県外の私大に進学させて貰いました。

しかも1年間は3人が被ってしまったので
毎月の仕送りだけでも何十万。
それプラス学費がかかっていたので
家計のやりくりは凄く大変だったと思うんです。

しかし、お金がないからダメだよ!
とか言われた記憶はなく
基本私たちが進みたい道を歩ませてくれました。


今振り返るとそれだけでも凄いことだし
本当に感謝しています。

私も出来る限り娘を応援できる親でありたいな。

2018-02-17-23-42-41

今はまだ怪獣ですが
ひそかに何かの才能をもっているかもしれないし!

才能はなくても「やりたい」と言ったことは
出来る限りやらせてあげたいし。

それには「お金」が必要かもしれないから
今のうちからコツコツ貯めておかなければ!
そんなことも考えちゃいました。

まあ、多分取り越し苦労でしょうがね(笑)


オリンピックも選手の親目線で見るようになって
年をとったなぁと改めて感じたりもしました。

でも40歳前後って社会人としてはまだ
20年弱しか働いていなくて
実はまだペーペーだよな、私。
なーんてコトを思ってもみたり(笑)

オリンピックの大きな世界から
自分の小さな世界について
色々考えている今日この頃です。

なんだか長くまとまりのない話を徒然と
スミマセンでしたm(__)m



主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

ランキングに参加しています。
皆様の応援がいつも励みになっています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

いつも有難うございます!




↑もの、ごと。にも参加中

LINEで読者登録ができます!