ココロのくらし  ニトリマニアの【静岡】整理収納アドバイザー

静岡の整理収納アドバイザー。静岡県内中心にお片づけセミナーやお片づけ講座を開催中。ニトリ大好きの「二トラー」でもある。娘の出産を機に整理収納に目覚める。面倒くさいことが嫌いで合理性を大切にするタイプ。静岡市在住。

タグ:オモチャの断捨離

明日はクリスマスイブ。ちびっ子がサンタさんからのプレゼントを心待ちにして眠りにつく1日ですね。そんなクリスマス前はオモチャの整理にピッタリなんですよ!やっぱりみんなサンタさんからのプレゼントを待ってますからね。オモチャがいっぱいだとサンタさんがプレゼント置 ... 続きを読む
明日はクリスマスイブ。

ちびっ子がサンタさんからのプレゼントを
心待ちにして眠りにつく1日ですね。

そんなクリスマス前は
オモチャの整理にピッタリなんですよ!


FullSizeRender



やっぱりみんな
サンタさんからのプレゼントを
待ってますからね。


オモチャがいっぱいだと
サンタさんがプレゼント
置けないかもよ~


なんて一言が心に響いたりします。

サンタさんを信じてる年齢じゃないと
ダメですけどね 笑


FullSizeRender


我が家の4歳児も
頑張ってお片づけしました。


FullSizeRender


いつもの訪問お片づけの癖で
カテゴリー分けしないで
全部出ししてしまったことには
少々公開しましたが…笑
(「レゴも出す!?」と聞かれた時には必死で止めた)


全部出しは大切ですが
「おままごとグッズ」などと
カテゴリー分けができてるときは
カテゴリーごとに見直した方が早いです。



FullSizeRender


サンタさんの力で
いらないオモチャがこれだけ
集まりました。



大体が2歳くらいまでのオモチャ。

満を持しての断捨離です。

まだ使えそうなものは
寄付したいと思ってます。


IMG_2113


お片づけも一人で頑張りました!



わが家では子供に「要・不要」を
決めさせることを3歳から始めています。



去年は年末にやってますねー。
オモチャの断捨離を 笑


娘自身がする
大掛かりなオモチャの断捨離は
今回が2回目です。


そしたらね。
昨年のときとはちょっと様子が違ってた 笑


FullSizeRender


去年は単純に「好き・好きじゃない」で
仕訳していたのですごく早かった!

でも今年はちょっとペースが遅くて…

最近遊んでいないモノも
「コレ〇〇ちゃんがくれたヤツ」
とか
「〇〇くんのオバちゃんがくれたんだー」
とか。


昨年は「しがらみゼロ」だった娘に
人間らしい感情が生まれていた!


FullSizeRender


お金の価値はまだあまり理解できていないので
手放せない理由によく上がる「高かったから」
という感情はまだないですね。

でも人から貰ったモノ(記憶にあるモノ)は
手放しづらくなってきたようです。



しがらみが少ない子供の方が
実は大人よりも断捨離上手なのですが。

やはり年齢が上がるにつれて
色んな感情も芽生えてくるので
親も向き合い方を変えていく必要があります。


だからサンタさんのような偉大な存在を
利用させていただくと(←なぜかメッチャ敬語!笑)
断捨離のきっかけを作りやすいです。



FullSizeRender


クリスマスまであと1日しかないですが。

明日時間がある方はお子さんと一緒に
オモチャの整理をしてみると
いいんじゃないかなーと思いますよ。



おまけ


スマホアプリの「鬼から電話」って
知ってますか?

最近知り合いから教えてもらったのですが
効果が凄すぎて 笑

元々は言うことを聞かない子に
鬼から電話がかかってきて(かかってきたことにする)
鬼が叱ってくれるアプリなのですが。

期間限定で「サンタさんからの電話」も
かかってきます(かかってきたことにする)


鬼からの電話も効果てきめんだったのですが
サンタさんからの電話の効果も凄くて!

「いい子にしてるか確認で電話したよー」

みたいなことをサンタさんが
言ってくれます。笑


電話が来たことが嬉しくて
ここ数日頑張っていい子にしている娘。

超かわいい♡

ちびっ子のいるご家庭におススメですよー。



▼おもちゃが散らかりにくいように、ちょっと工夫してます


▼おもちゃ収納はこの時から基本変わってません




◆Instagram、Facebookのフォローはこちらから!


◆ブログの読者登録はこちらからです~










我が家で一番収納に困っているもの。それは娘のおもちゃ。私は自分のモノの断捨離は結構得意な方だと思うのですが娘のモノとなると話は別 笑それに有難いことにご近所さんからおさがりを頂くことも多く急に増えてしまうこともあって「量」のコントロールが難しいのです。▼ ... 続きを読む

我が家で一番収納に困っているもの。
それは娘のおもちゃ。

私は自分のモノの断捨離は
結構得意な方だと思うのですが
娘のモノとなると話は別 笑

それに有難いことにご近所さんから
おさがりを頂くことも多く
急に増えてしまうこともあって
「量」のコントロールが難しいのです。


FullSizeRender

▼おもちゃ収納はニトリのカラボ



つい先日もお隣さんから
パズルを沢山いただいて。

もう収納する場所がなくて 笑

丁度年末ということもあり
娘と一緒にがっつりとオモチャに
向き合ってみることにしました。



娘は今3歳5か月。

今まで娘にモノの要・不要の判断を
させたことはありません。

でも今回は試しにやってみた!



丁度前日にクリスマスプレゼントであげたものが
一時行方不明になる事態が発生して。


「オモチャさんが多すぎるからクマちゃんが見えなくなっちゃったんだよ」

「それにもうオモチャさんが一杯だから新しいオモチャさんが入る隙間がないよ」

「明日オモチャのお片づけ一緒にやろう」


こんな風に話をしてみたら


「うん!お片づけする!」と。



FullSizeRender

いざ要・不要に分け始めると
娘の判断の速さにびっくり!

「これはまだ遊ぶ」
「これはもういいかな」
「これはバイバイする」

そんな風につぶやきながら
一つ一つオモチャを手に取り
自分で仕分けていきました。



正直、まだ要・不要の判断は
できないと思ってました。

FullSizeRender

「バイバイする」といったおもちゃの中には
つい先日まで嬉しそうに手に取っていたものが
含まれていたりして。

「本当にいいの?」

と問いかけても

「うん!もうバイバイするの!」と。


沢山あったボールも
「これ当たると痛いからバイバイする」
なんてモノの特性も考えた仕分け方もしたりもして。

毎日一緒にいるのに
こんなにも成長していたんだ!と驚きの連続でした。



一方で私から見たらゴミのようなモノを
「とっておきたい」と言ったり。


娘は本当に純粋に「好き」という判断基準で
要・不要を決められるんだなと。



過去に執着することもなく
高かったからとかお得だったからとか
まだ使えるとんじゃないかとか
もったいないんじゃないかとか


そういった気持ちは娘の要・不要の判断には
含まれてませんでしたらかね。

過去にもお金にもとらわれない娘が
なんだかかっこよく見えた瞬間でした。


FullSizeRender


ただ「もったいない=悪」ではないので
その辺のことは娘がこれから
学んでいかなければならない部分ですがね。

でも

必要なモノは年齢とともに変わってくるので
どこかで過去に片を付けなければ
家はモノで溢れてしまいます。


そうなると本当に大切な物が埋もれて見えなくなってしまう。


この過去に「片を付ける」ことを
小さいうちから身に着けることが
子供にお片づけを身に着けさせる上で
一番重要なんじゃないかなと
密かに思っています。

私の経験則でしかありませんが。

娘には小さいうちから
自分自身で「片を付ける」ことを
身につけさせたいと思っています。



ちなみに娘にクリスマスに
送ったのはこちら。


FullSizeRender






ぬいぐるみが話すようになる
魔法のボタン、ペチャットです。

クマのぬいぐるみは前からあったモノで
買ったのはボタンだけ。

クマちゃんが初めて話した時の
娘の驚いた顔と言ったら!


FullSizeRender




ただコレ、スマホで入力した言葉を
話してくれるので私は大忙し…汗

定型文やおまかせモードもあるんですがね。

やっぱオリジナルの言葉が
一番喜ぶので。

まだ使い始めて3日ですが
娘の「クマちゃん、お話しよー!」の一言が
恐怖でなりません…笑



▼ポチっとしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

▼インスタグラムはじめました

Instagram


▼こちらの記事もおススメ!






暮らしの見直し


人生はシンプルだ!


断捨離できないもの、残したいもの



LINEで読者登録ができます!